愛知のインプラント専門治療・手術、墨歯科医院、墨尚院長監修のインプラント専門サイト

手術について

インプラント治療における手術

インプラント治療を受けるうえで、外科手術を避けて通ることはできません。そのため、治療を受けるにあたっては、誰しも不安や恐怖心を持たれるのではないでしょうか。不安を解消し、安心して治療を受けられるよう、手術の方法などを知ることはとても大切です。手術にはいくつかの方法がありますが、症状や骨の状態などによって受けられる手術が異なるので、医師と相談して実際に行なう方法を決めましょう。

インプラント手術の流れ

2回法と1回法

インプラントの手術には『2回法』と『1回法』、この2種類の方法があります。

■2回法
2回法は、歯肉を切開する手術を2回行ないます。 1次手術で歯肉を切開し、ドリルで顎の骨に穴を開けてインプラントを埋め込みます。その後、歯肉を縫合して閉じ、インプラントと骨が一体化するまで2~6ヵ月の治癒期間を設けます。インプラントと顎の骨が一体化したら、2次手術で再び歯肉を切開し、インプラントの頭部に『アバットメント』(人工歯との連結部分)を取り付けます。最後に人工歯をアバットメントに取り付け、治療が完了します。
手術を2回行なうので患者様の負は大きくなりますが、インプラントが顎の骨にしっかり固定した後に人工歯を取り付けるので、ほとんどの症状に適用できます。顎の骨量が少ない方は、この2回法で治療を受けていただきます。
■ 1回法
1次手術(インプラント埋入)と2次手術(アバットメント装着)に分かれている2回法に対し、1回法では歯肉を切開する手術を1回しか行なわず、インプラントとアバットメントを1度の手術で取り付けます。 インプラントとアバットメントが一体化したパーツを埋め込む『1ピース型』と、インプラントを埋め込んだ後でアバットメントを取り付ける『2ピース型』があります。
また、インプラントとアバットメントだけでなく、仮歯や人工歯まで1回の手術で取り付ける『即時負荷』という方法もあります。
短期間で治療が終わりますが、骨の高さや厚みがあり、硬いことが前提となるので、どなたにでも適用できるわけではありません。

どちらの方法が優れている、ということではありません。患者様に合った方法を選択することが大切なので、適用の条件、メリット・デメリットなどを確認し、医師と相談したうえで決めましょう。

補助手術

患者様によっては、治療前や手術時に補助手術が必要になる場合があります。これは、顎の骨量が少ない場合に高さや厚みを出したり、歯周組織(※)がダメージを受けている場合に再生させたりする手術です。
インプラント治療に際し、より良い結果を得るために周辺環境を整え、インプラント埋入後に安定しやすくするために行ないます。 ※歯肉(歯茎)、歯槽骨(歯を支える骨)、歯根膜(歯根と歯槽骨をつなぐ組織)、セメント質(歯根の表面を覆う組織)の総称。

上顎洞底挙上術

上顎洞(鼻の横から奥に広がる空洞)の底部に骨を造成・移植する治療法です。
骨量が非常に少なく、インプラントを同時に埋め込めない場合は、上顎洞挙上術を行ない、6~9ヵ月後にインプラントを埋め込みます。ある程度の骨量があり、インプラントを埋め込める場合は、上顎洞挙上術と同時にインプラントを埋め込みます。
手術には、『サイナスリフト』と『ソケットリフト』(歯槽頂上アプローチ)、この2種類の方法があります。

●サイナスリフト
上顎の骨が5mm以下と薄く、インプラントを固定できない場合に行ないます。上顎洞の側面を切開してシュナイダー膜(上顎洞底粘膜=上顎洞と歯槽骨の間の粘膜)を押し上げ、それによってできた空間に骨移植(自家骨や人工骨の移殖)を行うことで、骨の厚みを作り出します。骨が定着するまで約3~6ヵ月ほど待ち、その後インプラントの手術を行ないます。
骨造成量が多く、医師が術野を確認しながら行なうことができますが、難易度の高い手術になります。

●ソケットリフト
上顎の骨に5mm以上の厚みがある場合に行ないます。歯を失った箇所からドリルで穴を開け、そこからシュナイダー膜を押し上げます。それによってできた空間に骨移植を行ない、インプラントを埋め込みます。
サイナスリフトに比べて容易にでき、患者様の負担も大きくありませんが、骨造成量が少なく、医師は術野を確認しながら行なうことができません。

歯周組織再生療法

歯周病などでダメージを受けた歯周組織を回復させる目的で行なう治療法です。
主な歯周組織再生療法には、『ボーングラフト』『GBR法』『GTR法』などがあります。

●ボーングラフト(骨移植)
骨量が大幅に不足している場合、他の部位から持ってきた骨を移植することで補う治療法です。ご自身の骨を移植する場合、患者様以外の骨から作られた骨補填材を使用する場合、ハイドロキシアパタイトなどの人工骨を使用する場合があります。

●GBR法(Guided Bone Regeneration=骨再生誘導法)
骨量の不足によりインプラントが骨の中に収まりきらず、一部が骨の外に露出してしまう場合に、骨組織の再生を促して必要な骨の量を確保する治療法です。インプラントを埋め込む際、骨量の少ない部分に骨移植したり骨補填剤を入れ、『メンブレン』(人工膜)で覆い、骨の再生を促します。約4~6ヵ月ほど待ち、人工歯を取り付けます。

●GTR法(Guided Tissue Regeneration=歯周組織再生誘導法)
歯周病などで歯周組織がダメージを受けている場合、その再生を促す治療法です。『メンブレン』で覆って軟組織の混入を防ぎ、歯槽骨や歯根膜が再生するまで数ヵ月待ちます。その後、通常のインプラント手術を行ないます。