愛知のインプラント専門治療・手術、墨歯科医院、墨尚院長監修のインプラント専門サイト

医院・設備紹介

医院・設備紹介

当院は、ブラウンとホワイトを基調とし、シンプルで清潔感のある空間となっています。吹き抜けがあり、開放的でゆったりとしているのが特徴です。
また、オペ室やCTなど、安全な治療を行なうのに必要不可欠な設備も充実しているので、患者様にとってより良い治療をご提供できる環境となっています。 医院外観外壁サイン 受付・待合室

医院・設備紹介

オペ室

オペ室

オペ室1 オペ室2

オペ室は完全個室となっています。インプラント治療は外科手術をともなうので、感染予防対策の一環として滅菌処置などの衛生管理を徹底しています。また、生体情報モニタを使用して患者様の全身管理を行なうなど、充実した設備のなかで治療を行なっています。

設備

CTスキャン

CTスキャンの写真1 CTスキャンの写真2

CT撮影と3D画像診断による安全なインプラント治療

3D画像 患者様にとって安全なインプラント治療を行うためには、顎の骨の厚みや高さなど、現状を詳細に知ることが重要であり、立体的な3D画像のデータが求められます。
そこで使用するのが『CT』という装置です。CTとはコンピューター断層撮影(Computed Tomography)の略で、X線とコンピューターで体の断面を断層画像(輪切りの状態)で見られるようにするものです。従来のレントゲン撮影では平面のみの画像しか得られませんでしたが、CTでは立体的な3D画像データが得られるため、顎の骨の厚みや高さだけではなく、神経や血管の走行位置なども確認することができます。
これを基に診断を行なって治療計画を立案するため、より安全で無理のない治療をご提供することが可能となっています。
なお、治療法や治療費などは、データを患者様にご覧いただいたうえでご説明させていただきます。

X線装置

X線装置 歯科医療に必要不可欠なレントゲン装置です。撮影した画像を基に診断を行ない、患者様に合った治療計画を立案します。なお、歯科で使用するレントゲン装置の放射線量は、1年間に自然界から受ける放射線量の約40~100分の1程度であり、安全性が高いのでご安心ください。

  • 診察室診察室
  • カウンセリングコーナーカウンセリングコーナー
  • 受付受付
  • 受付・待合室受付・待合室
  • 診察スペース1診察スペース1
  • 診察スペース2診察スペース2