審美治療|愛知県一宮市の墨尚院長が行なうインプラント治療 墨歯科医院

Esthetic 審美治療

審美治療

補綴治療とは

補綴治療とは

虫歯の治療や事故などによって欠損した歯を修復するための治療を、補綴治療といいます。いわゆる詰め物(インレー)や被せ物(クラウン)といった補綴物を作り、欠損部分に取り付けていきます。
低価格な保険診療では、見た目が白いレジン(プラスチック)や銀歯がありますが、「変色しやすい」「目立ってしまう」などのデメリットがあります。審美性も兼ね備えた自費診療は、価格が高くなるものの口元が自然になる補綴物で治療することができます。

オールセラミック

オールセラミック

金属を使用せず、陶器を素材としたセラミックだけで作られた補綴物です。セラミックは天然歯のように透明感があり、周囲の歯とも調和する見た目が特徴です。口元の美しさを追求した補綴物といえるでしょう。
また、保険診療のレジンと比べて経年劣化による変色がほとんどありません。さらに、歯としっかり密着するためすき間ができず、虫歯になりにくいというメリットもあります。金属アレルギーが心配な方にもおすすめです。

ジルコニアセラミック

ジルコニアセラミック

ジルコニアは人工ダイヤモンドでできた補綴物で、セラミックの中でも特に強度が高いものになります。ジルコニアは生体親和性が高く、人工の関節にも使用されます。
ジルコニアは人工ダイヤモンドといわれているように、耐久性が高いセラミックです。セラミックの内部をジルコニアにすることで、強い力で噛む奥歯の補綴にも適合します。見た目の美しさと、高い強度の両方を兼ね備えた補綴物です。

ハイブリットセラミック

ハイブリットセラミック

レジンとセラミックを混合させた補綴物です。セラミックで作った補綴物に比べて価格が低く、保険診療のレジンより自然で周りに調和した見た目になります。また、レジンよりも変色しにくいというメリットがあります。
保険診療のレジンとオールセラミックの中間のような素材となるため、セラミックだけの補綴物に比べて透明感が劣ります。お口の中でも目立つ前歯の治療を検討されている場合は、注意が必要です。

メタルボンド

メタルボンド

中身を金属にし、表面をセラミックで覆った補綴物です。白い歯のような見た目にしつつ、金属によって強度を高めます。セラミックと金属のメリットを生かしたのがメタルボンドといえるでしょう。
しかし、見た目の面でいえばオールセラミックに比べて透明感にやや劣るというデメリットがあります。また、角度によっては歯の裏側から金属が見えることもあります。メタルボンドを検討しているけれども金属アレルギーが心配という方は、ご相談ください。

審美治療

オフィスホワイトニング

オフィスホワイトニング

歯科医院で行なうホワイトニングです。ホワイトニングにはご自宅で行なうホームホワイトニングもありますが、それよりも濃度の高い薬剤を使用します。そのため歯を白くする漂白効果が高く、数回の通院で白さを実感できます。
漂白した着色が後戻りしやすく効果が持続しにくいというデメリットがありますが、イベントや大事な仕事が迫っており、すぐに口元をきれいにしたいという方におすすめです。

ホームホワイトニング

ホームホワイトニング

歯科医院で薬剤と口にはめるトレーを受け取り、ご自宅でご自身の手によって薬剤を塗るというホワイトニングです。毎日数時間、薬剤をつけたトレーを口にはめてまんべんなく歯に塗っていきます。歯の白さを実感するのに2週間ほどかかりますが、漂白効果が持続するというメリットがあります。また、薬剤の濃度が比較的薄いため歯へのダメージが少なく、痛みやしみるといった症状を抑えられます。

デュアルホワイトニング

オフィスホワイトニングとホームホワイトニング、それぞれのメリットを生かして両方の治療方法を組み合わせたのがデュアルホワイトニングです。
流れとしては、オフィスホワイトニングを受けた後、翌日から数週間ホームホワイトニングをします。これを漂白の効果を見ながら繰り返すことで、後戻りしにくく、より漂白効果が高いホワイトニングが可能になります。しっかり漂白し、早く効果を得たいという方におすすめです。

0586-45-8224 ご予約・ご相談はお電話で受け付けております 平日 9:00~12:00 / 14:00~19:30
土 9:00~12:00 / 14:00~17:00
休診日:木曜日・日曜日・祝日