愛知のインプラント専門治療・手術、墨歯科医院、墨尚院長監修のインプラント専門サイト

メリット・デメリット

メリット・デメリット

インプラント治療には、「しっかり噛める」「外見が自然」などの大きなメリットがありますが、当然デメリットもあります。せっかく高額な費用をかけて治療を受けるのですから、治療が終わってから「こんなはずではなかった」と後悔することのないよう、事前にメリットだけではなくデメリットを知ることも大切です。

すべて納得したうえで治療を受けられるよう、ご理解いただけるまでわかりやすくご説明するので、治療を受けるか否かをご検討するうえでの判断材料にしてください。

メリット・デメリット

インプラント治療のメリット

  • ●咀嚼力を再現できる

    顎の骨とインプラントが一体化して固定されているので、ずれたり外れたりすることなく、天然歯のように力を入れてしっかりと噛むことができます。

  • ●審美性に優れている

    インプラントの上に取り付ける人工歯はセラミックなどでできており、天然歯のような色調や輝きを再現できます。また、留め金などを使用して取り付けるわけではないので、パッと見た限り、インプラントと気づかれることもありません。

  • ●噛み合わせを維持できる

    インプラントは『第2の永久歯』ともいわれますが、セルフケアをきちんと行ないメンテナンスを定期的に受けていれば、長期にわたって安定した噛み合わせを維持することができます。

  • ●顎の骨量の減少を防げる

    歯を失うと、咀嚼による刺激が顎の骨に伝わらず、骨量が減ってしまいます。しかしインプラント治療は、顎の骨とインプラントが一体化して固定されているので、顎の骨に咀嚼の刺激が伝わり、骨の量の減少を防ぐことができます。

インプラント治療のデメリット

  • ●治療期間が長い

    手術の方法によってかかる期間は異なりますが、インプラントが顎の骨と一体化するまで、一般的に下顎で約3ヵ月、上顎で約6ヵ月かかります。その前後に治療を行なうことを考えると、約6~12ヵ月かかることになります。

  • ●治療費が高い

    インプラント治療は、健康保険が適用されない自費診療となるため、治療費が高額になります。埋め込む箇所や人工歯の素材などによって異なりますが、平均すると1本約30~40万円となります。

  • ●治療不可能な場合がある

    糖尿病・心臓病・高血圧などの疾患をお持ちの方は、治療を受けることができない場合があります。
    ※医院によって、顎の骨の高さや厚みが不足している方(骨量の少ない方)は治療を受けられないと判断されますが、当院では骨造成術などの補助手術を行なうことができるので、他院で治療を断られた方はぜひご来院ください。